:: 佐久島へ海水浴に行く | ママチャリライド



IMGP3003-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mm/2007-8-25
Hosted on Zooomr click to enlarge

おひるねハウスでノンビリとおひるねしたあとは,レンタルしたママチャリで島巡りにGO!

それにしても,ママチャリに乗ったのは,いつ以来だろうか.走り出してみたのだけど,ポジションが妙に突っ立っていて違和感が大きい.とりあえず,ペダリングだけでもと思ってサドルをあげみたのだが,如何せんハンドルが近すぎてなんとも走りにくい.態勢的にあまりに走りにくいものだから,思わずダンシングしてみたらこれがまたうまくできなくて焦った.

普段乗ってる自転車でのダンシングでは,ハンドルを持つ手を支点にして,体重を分散させつつ,ペダリングするのだが,ママチャリの場合,ハンドルがあまりに近いものだから,ハンドルに体重を掛けられず,ペダルに全体重を乗っけたまま漕ぐことになる.丁度,アスレチックジムに置いてあるステッパー(立ったまま足を上下させながら階段を上るような動作で負荷をかける運動器具)のような動きになってしまう.足二本だけでバランスを取ることになって不安定この上ない.
read more-->

20:56 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: サイクリング ママチャリ 三河湾 一色町 海水浴 佐久島 アート

:: 佐久島へ海水浴に行く | 大浦海水浴場



IMGP2812-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mm/2007-8-25
Hosted on Zooomr

IMGP2809
佐久島へ渡る高速船は,西港に寄港し,そのあと東港に到着する.目指す大浦海水浴場へは,東港の方が近く,また食堂や民宿などが軒を連ねているので何かと便利である.
ただし,漁業や観光が盛んで食堂や民宿が島中至るところにある日間賀島と比較すると,中途半端な印象は残った.

さて,大浦海水浴場は島のほぼ中央に位置し,弓なりになった島の内側(入り江)にできた砂浜である.砂浜は南側にあり,つまり,太平洋の外洋に面している.外洋に面しているためだと思うが,水の透明度は高く,予想以上に綺麗だった.吉良や宮崎などとは比べ物にならない.また,浴場となった入り江の海底には,海藻が旺盛に繁殖しており,そのため緑色の海藻が砂浜にかなりの量,打ち上げれていた.
read more-->

19:53 | Comment(2) | TrackBack(0)
Tags: 海水浴 一色町 佐久島 高速船 大浦 海水浴場

:: 佐久島へ海水浴に行く | 高速船にて



IMGP2798-1
IMGP2803-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mm/2007-8-25
Hosted on Zooomr click to enlarge

佐久島へは,一色渡船場から高速船で渡る.

前述したように,船内は,釣り客や海水浴へ向う家族連れなどでほぼ満席だった.
read more-->

23:30 | Comment(2) | TrackBack(0)
Tags: 一色町 海水浴 佐久島 高速船

:: 佐久島へ海水浴に行く | かもめの駐車場



IMGP2852-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mm/2007-8-25
Hosted on Zooomr click to enlarge

佐久島は,愛知県下で最大の島で,三河湾のほぼ中央に位置する(下に貼り付けたGoogleMap参照).日間賀島に近いが,日間賀島が南知多町に属しているのに対し,こちらは幡豆郡一色町に属している.細かいことを言えば,日間賀島は尾張で佐久島は三河に属し,したがって両島の間の海上にその境があるということになる.

8月の下旬に海水浴に行こうということになり,どうせ行くのであれば水の綺麗なところがいいと思いつつも,県内じゃあなあと半ばあきらめ気味に探したところ,佐久島にある大浦海水浴場が意外に評判がよいことがわかった.島へ海水浴に行くというのは,はじめての体験であったが,昔から離島には淡い憧れを持っていたのでワクドキで出掛けた.
read more-->

20:19 | Comment(4) | TrackBack(0)
Tags: 一色町 海水浴 佐久島 かもめ 日間賀島

:: 伊豆半島へ



IMGP2554
PENTAX K10D+SIGMA17-70mm/2007-8-13/Hosted on Zooomr
click to enlarge

これでもかと,毎日毎日暑い日が続いた夏休み.今年の夏休みは,前半で隊長の実家へ帰省し,間を挟んで,後半は,涼しさを求めて信州の蓼科へエスケープといった具合.

ということで,今回は,その前半の部分を夏休みの日誌調でつらつら書いてみようと思う.そういえば,夏休みの日誌と言えば,毎夏,8月も末になって全てを書くという,見事なやっつけ仕事ぶりだったわけだが,いつも後から書き込むことになる天気には困っていたっけ.

●8月12日(日曜日)晴れ
休みに入った初日.精力的に動く.

朝から自転車に跨り,知多半島へとひとっ走りした後,会社へ顔を出し残務を片付けた.その後,実家に寄り,二人の甥を連れ,またまた知多半島へ出掛けた.そして,前日に作っておいたバナナトラップを秘密のスポットに仕掛けて帰る.

帰宅すると,早速静岡へ向う用意をし,時間ギリギリで最寄の駅に駆け込む.隊長は数日前からクルマで帰省していたので電車を使って行くことになっていたのだが,久しぶりの電車の旅なので新幹線は使わずに,在来線で行くことにした.

電車を使うということ,二泊三日と滞在が短いということもあって,自転車はお預け.

家を出るのが遅くなってしまったので,正直間に合ったのが不思議なくらい.改札口に辿り着いた時には,すでに電車はホームに入ってきていたので切符を買う時間もなかった.TOICAで入場していなければ,間に合わなかった.ただし,沼津はTOICAでは出られないので途中で精算しないといけなかったのだが.
read more-->

22:40 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 伊豆 修善寺 松崎町 帰省 土肥

:: ”のぼるな!”という看板



IMGP1787
PENTAX Optio WPi/2007-6-16/Hosted on Zooomr

言われなくても,誰も登らないって.
それとも,この上に危険物でもあるのか.それならわかるけど.
直島にて.
read more-->

19:28 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 看板 かんばん カンバン 直島

:: 直島へ | 山本うどん



IMGP3419
PENTAX Optio WPi/2007-6-16/Hosted on Zooomr

直島は岡山からの方が近いといっても,香川県の島.高松市からは連絡船が就航している.

直島に着いた時は,既に正午少し前.そして,高松といえば,讃岐うどん.ということで,一家はうどん屋を探して彷徨うのであった.

そしてたどり着いたのが,フェリー乗り場から坂を少し上がったところにある生協の脇にある「山本うどん」 もちろん,正真正銘の讃岐うどん.店に入ると,既に満席.作業服を着た地元の人も結構来ている.

カウンターの中では大きな鍋の中で湯がぐつぐつ煮立っている.ポツリポツリと席が空くのを待って,一人ずつ座っていく.うどんだけあって回転が速い.

店の大将は,うどんを茹でながら,麺の生地を伸ばし,手際よく切っていく.
read more-->

23:12 | Comment(8) | TrackBack(0)
Tags: ぶっかけ うどん 讃岐うどん 直島

:: zooomr MARK III is coming soon



IMGP2792-1
IMGP2792-1
IMGP2792-1
IMGP2792-1
浜名湖・舘山寺にて/2007-4-21
PENTAX K10D+SIGMA17-70mm
Hosted on Zooomr
click to enlarge
ついに,zooomr がMARKIIIへの移行作業に入った.

前回はうまくいかなかったが,今度はうまく行って欲しいものだ.
updateの詳細は,以下の記事に詳しく説明されている.ただ,この記事の中で zooomr の”o”を再三落とし,”zoomr”と誤記述している.原文は正しいようなので,翻訳時に落とされてしまったようだ.それだけ,日本には浸透していないということか.それとも,ただ単に,翻訳者がヘボイのか.

TechCrunch Japanese :
Zooomr Mark III―機能満載、ルックス改善


記事によれば,写真売買のための仕組みである”Zooomr Marketplace”が今回のupdateには含まれないという.また,flickrからのインポート用インターフェースも用意されないとのことだ.これが本当なら残念だ.
read more-->
23:19 | Comment(4) | TrackBack(0)
Tags: zooomr ズーマー flickr MARKIII 写真共有 photo Sharing 浜名湖 舘山寺 写真

:: 新美南吉の「春の電車」とくるりの「春風」



IMGP2435-1
PENTAX Optio WPi//2007-4-12/Hosted on Zooomr
click to enlarge

新美南吉記念館を訪れた際,新美南吉の「春の電車」という詩が展示されていて,とても感じるものがあった.南吉の生きた土地 知多半島を走る名鉄電車のことを詠ったものだった.この詩を詠めば,菜の花が咲き乱れる半島を遠目に水面がキラキラ光る中,岬へ向かって南に下っていく赤い電車が目に浮かぶ.

そして,そのとき思い出したのが,くるりの「春風」という,これも電車を題材にした曲であった.あとで知ったのだが,ここにも書いたように,この曲の作者岸田繁は,彼が幼い頃,名鉄三河線に乗車したことがあるという.もしかしたら,この歌に出てくるのも,赤い電車かもしれない.


「春の電車」
新美南吉

わが村をとおり、
みなみにゆく電車は、
菜種ばたけや麦の丘をうちすぎ
みぎにひだりにかたぶき、
とくさのふしのごとき
小さなる駅々にとまり、
風呂敷包み持てる女をおろし、
また杖つける老人をのせ、
ある村には子どもら輸がねをまわし、
ある村には祭の笛ながれ、
ついに半島のさきなる終点につくなるべし。
そこには春の海の、一
うれしき色にたたえたらむ、
そこにはいつも、
わがかつて愛したりしおみなおりて、
おろかに心うるわしく、
われを待つならむ。
物よみ、草むしり、
小ささ眼を黒くみはりて待ちてあらむ。
われきょうもみなみにゆく電車に、
我がおもい乗せてやりつれど、
そのおもいとどきたりや。
葉書のごとくとどきたりや



「春風」
くるり/岸田 繁

揺るがない幸せがただ 欲しいのです
僕は貴女にそっとそっといいます
言葉をひとつ ひとつさがして
花の名前をひとつおぼえて
貴女に教えるんです

気づいたら雨が降って どこかへ行って消えてゆき
手を握り確かめ合ったら
眠ってる間 口づけして
少しだけ 灯をともすんです

シロツメ草で編んだネックレスを
ほどけないように ほどけないように
溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて
あなたを抱くのです

遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう
ここで涙が出ないのも幸せのひとつなんです
ほらまた雨が降りそうです

帰り道バスはなぜか動かなくなってしまいました
傘を探してあなたを探して
遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう
read more-->

22:14 | Comment(2) | TrackBack(1)
Tags: 新美南吉 名鉄 電車 くるり 春風 菜の花 知多半島

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #12 | 番外編:収支報告



IMGP1012-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mmDC/2007-4-8/Hosted on Zooomr

長々と連載してきたが,飯田線の話は今回でひとまず完結.

JR設立20周年記念として特価で発売された「青春18きっぷ」を使った今回の旅であったが,通常の鉄道料金との比較をしておきたい.

金がどうこうとかの下世話なことは避けたいところではあるが,「得したなあ」といってひとり悦にいるのも,まあ庶民のささやかな喜びであるし(ここで書いた時点で”ひとり”ではなくなるが),今後飯田線に乗車する奇特な方にとっても気になるところだと思い,以下にまとめてみた.
read more-->

21:37 | Comment(8) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 飯田線 伊那谷 伊那 列車 鉄道 料金

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #11 | 下市田−豊橋−野田新町



IMGP1000
PENTAX K10D+SIGMA17-70mmDC/2007-4-8/Hosted on Zooomr

IMGP2392
前回の続き.
高森南小学校の桜を後にし,坂を下り,駅前で農家の夫婦にお礼を言った後,下市田駅に戻る.まもなくすると,豊橋行きの直行列車がカーブをやって来た.この列車に4時間かけて,終点の豊橋まで連れて行ってもらうことになる.
(*全写真拡大可)
read more-->
23:15 | Comment(2) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 飯田線 伊那谷 伊那 下市田 豊橋 天竜峡 小和田 水窪 佐久間 中部天竜 列車 鉄道 トンネル

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #10 | 高森南小学校の桜



IMGP0961-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mmDC/2007-4-8/Hosted on Zooomr

IMGP0927-1IMGP2390IMGP2391
前回の続き.飯田線は下市田駅でちょっと停車.
天竜峡行きの電車を下市田駅で下車したのは,見ごろの桜が拝めるという高森南小学校に立ち寄るため.
実を言うと,ここはひょんなことから知った「国道151号線151話」という紀行本の筆者である「まるかど企画」の内藤さんに,今回の旅に出かける前日の夜に教えていただいた場所.そのときは,ある程度予定も決めてあったので行けるかどうか微妙だったのだが,行きの中央線の中で時刻表を繰ってみたら,辰野で一本早い列車に乗れば,下市田で途中下車できることがわかり,ネットで検索してみると,下市田が最寄の駅らしいことがわかり(高森町の役所にも電話したのだが,市田も下市田も変わらないとのことだったが,徒歩なら下市田から行ったほうが早い),ここで列車を降りた.
(*全写真拡大可)
read more-->
23:45 | Comment(4) | TrackBack(0)
Tags: 下市田 ボケ 写真撮影 高森南小学校 高森 伊那谷 伊那 飯田線 青春18きっぷ

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #9 | 駒ケ根−下市田



IMGP0911-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mmDC/2007-4-8/Hosted on Zooomr

IMGP0894
前回の続き.
天竜峡行きの電車で見事な桜が拝めるという小学校のある高森町の下市田まで,ワンマンカーに乗車.
伊那市のいかんてんぱぱの店内で伊那谷の紀行本を見つけ,飯田線情報をメモしたと書いたが,それがここの区間にやってくる.それとはオメガ(Ω)カーブのことである.オメガカーブとは,川によって浸食された深い谷を渡るためのもので,文字通り,ギリシャ語オメガという文字のように敷かれた軌道のことを言う.

現代なら川を真っ直ぐ跨ぐ橋を架けるのだろうが,建設費用を切り詰めるためだったのか,技術的に困難であったのかはわからないが,これが敷設された時代はそうではなかったらしい.つまり,オメガカーブとは,最初に川と平行に走りながら,川に沿って谷を降り,河川敷に出たら急カーブを切り,橋で対岸に渡り,対岸で来たのとは反対方向に急カーブを切り,今度は川に沿って谷を上り,もと来た線路の延長線上に戻るというレールの敷設方法である.(*全写真拡大可)
read more-->

23:31 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 飯田線 伊那谷 伊那 鉄道 駒ケ根 市田 オメガカーブ 下市田 高森町

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #8 | 辰野−駒ケ根(いぃソースかつ丼)



IMGP0880-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mmDC/2007-4-8/Hosted on Zooomr

IMGP2354IMGP0857IMGP0855
前回の続き.
宿から辰野駅まで送ってもらう.ここから,やっと飯田線のはじまり.昨晩の雨もすっかりあがり,絶好の日よりになった.
当初の計画では,一本後の列車に乗車する予定だったのだが,見事な桜が拝める場所を求めて一時間あまり早い列車に乗車することにした.
辰野駅で列車が来るまでまだ時間があったので,駅周辺をうろつく.駅はガラス張りの外観で,こう言ってはなんだが場違いな感じを否めない.
そうこうするうちに,列車が到着したので乗り込む.
(*全写真拡大可)
read more-->
22:51 | Comment(5) | TrackBack(0)
Tags: きらく ソースかつ丼 駒ケ根 辰野 伊那谷 伊那 飯田線 青春18きっぷ 列車 鉄道

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #7 | たつの荒神山温泉 たつのパークホテル



IMGP2326-1
PENTAX Optio WPi/2007-4-8/Hosted on Zooomr

IMGP2352
昨日の続き.
雨降る中を,天竜川に沿った道をしばらく行ったかと思うと,小高い丘を登っていく.そこに現われたのが,この日の宿であるたつの荒神山温泉の「たつのパークホテル」だった.この旅館は,信州公共の温泉宿の一つである.ここをこの夜の宿にした特別な理由はないのだが,辰野町〜伊那市の飯田線沿線の温泉宿で探していたら見つけた.辰野が飯田線の始発駅であるという事実も,ここを選ぶにあたって多少はあったかもしれない.それだけで決めた訳ではないが,辰野から出て,一日で終点の豊橋まで行くことになるからだ.

IMGP2329
荒神山(こうじんやま)の上に立つ旅館に到着すると,送迎車のドライバーにお礼を言い,チェックインを済ます.
洋風な外観をしているが,通された部屋は和室であった.そして,そこにあったのが,写真の天童木工のイージーチェアとコーヒーテーブル.これだけで何かセンスなようなものを感じる.これだから,家具・調度の類いに手抜きは許されない.(*全写真拡大可)
read more-->
22:00 | Comment(8) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 飯田線 伊那谷 伊那 辰野 温泉 旅館 ホテル 鉄道 天童木工 馬刺し

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #6 | 伊那市−高遠−辰野(泊)



IMGP0765-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70mmDC//2007-4-7/Hosted on Zooomr

IMGP0763IMGP0802IMGP0812
昨日の続き.
ローメンで腹を満たした後は,伊那市駅に戻り,どうしようかと思案.まずは,駅前にある「いなっせ」(正式名称は,伊那市生涯学習センター)へ.
行ってみると,「いなっせ」の前に渋い鉛色のブリキ調のボンネットバスが停まっている.行き先表示には「ネコバス」とある.たぶん,となりのトトロで出てきたバスをもじっているのかもしれないが,姿かたりは随分異なっても,そう言われればそのように見えないこともない.なお,写真の猫は,伊那市駅舎内で見かけた.人が居る中で逃げもせず,かといって擦り寄るでもなく,物陰で様子を伺っていた.もしかしたら,この猫は伊那市駅の主で「ネコバス」のモデルかもしれないにゃあ.
(*全写真拡大可)
read more-->
21:55 | Comment(2) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 飯田線 伊那 伊那谷 高遠 辰野 ネコバス かんてんぱぱ 鉄道

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #5 | 辰野−伊那市(あぁローメン)



IMGP2285-1
PENTAX Optio WPi//2007-4-7/Hosted on Zooomr

IMGP0749
辰野駅に到着した昨日の続き.
ここで日程表を紹介したように,この日は辰野町にあるホテルに宿泊を予約してあったのだが,宿へは向わず,そのまま飯田線に乗換え,伊那市を目指す.これは計画通り.なんといっても,この時点で二人とも腹が減っていて戦さができない状態であった.(*全写真拡大可)

●飯田線:辰野−伊那市

辰野 12:41−普通−伊那市 13:11

IMGP0750IMGP0752IMGP0755
待つ時間もなく,列車が到着.ここまで列車の繋がりは,すこぶるいい.乗換えの待ち時間も短い.
車内は結構混雑しており,立っている乗客も多い.なんとか隊長は座れたが,私は立つことになった.それにしても,この列車を見たときは,一瞬「なぜ始発なのに,乗客が乗っているのか」と錯覚した.よく考えれば,始発駅は辰野ではなく,岡谷である.それに,この列車は一日に数本しか運行してない豊橋行直行だったので,混雑してもおかしくない.ということに気が付いたのは,列車が発車した後だった.
それにしても,この列車に乗っていれば,乗換えなしに豊橋まで行けるとは,考えて見ればスゴイことである.ただし,豊橋到着が18:31であるから,ここ辰野からまだ5時間も乗りつづけないといけないが.なお,翌日はこの列車で豊橋まで行く計画になっていた.
read more-->
21:44 | Comment(4) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 飯田線 伊那 伊那市 辰野 ローメン 萬里 鉄道

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #4 | 塩尻−辰野



IMGP0735-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70DC/2007-4-7/Hosted on Zooomr

昨日の続き.*小さい画像は拡大できます.

●中央本線:塩尻−辰野

塩尻 12:19−普通(ワンマン)−辰野 12:39

IMGP0726IMGP0729
塩尻駅を降りたわれわれの隣のホームに停まっていたのが,この赤い一両編成電車(一両でも編成というのであろうか?).最初は,それだとは気付かなかったのだが,電車の前には辰野と出ていたのであれかあと意味も無く拍子抜け.階段を上がって改札の前を通り,隣のホームへ行こうとすると,隊長がキオスクで野沢菜を見つけ,お買物.その間,窓から列車を撮影.
read more-->
23:30 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 中央本線 塩尻 辰野 ワンマン 飯田線 伊那谷 塩嶺トンネル 岡谷 鉄道

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #3 | 野田新町−名古屋−塩尻



IMGP0709-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70DC/2007-4-7/Hosted on Zooomr

さてと,やっと「飯田線で伊那谷へ」の旅へ出発.

●東海道本線:野田新町−刈谷−名古屋

野田新町 8:15−普通−刈谷 8:18
刈谷 8:20−特別快速−名古屋 8:36

IMGP2250
出発は,最近開業し,最寄りの駅となった野田新町.駅までは徒歩.駅まで徒歩というのは,クルマや自転車など残すものがないだけ,気持ちが軽くなった気がする.
途中,すっとぼけたパンダの路上の置き物にビックリさせられるというハプニングはあったものの,順調な滑り出し.
青春18きっぷを利用したのは今回がはじめてだったので,どうやってバリデイト(入挟)するのか興味があった.きっぷの表面に月日を書く欄があるので,てっきり駅員がそこに記入するものだと想像していたら,なんのことはない,いつもの挟んでハンコするモノ(名前を知らない)で駅名と日にちの入った丸印を二つ(二人分)押すだけであった.
さて,最初の予定では,野田新町から金山までは普通で行き,そこで中央本線に乗り換える予定だったのだが,刈谷駅で特別快速に連絡しているのがわかって,急遽そちらに変更.というのは,特別快速なら名古屋まで行って,中央本線に乗り込めるので,始発なら座れる確率が高いと踏んだからである.その考えはあたったのだが,この特別快速がよくなかった.まるで平日の通勤ラッシュのようにめちゃめちゃ混雑しており,ぎゅうぎゅう詰めの状態だったのだ.慣れないものにとっては,これはちとツライ.ダイヤが改正されたばかりだが,JRには,至急対策を願いたいものだ.
read more-->
23:44 | Comment(2) | TrackBack(0)
Tags: 伊那谷 伊那 中津川 塩尻 野田新町 飯田線 中央本線 青春18きっぷ 鉄道

:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #2



IMGP0916
飯田線下市田駅にて/PENTAX K10D+SIGMA17-70mmDC/2007-4-9
Hosted on Zooomr-click to enlarge

お急ぎのところ,誠に申し訳ありませんが,特急列車待合わせのため,もうしばらくこの駅に停車致します.

写真の整理がまだ終わっていません.今やっと,一日目のジオタグ付けが終わったところです.

各駅停車の飯田線ということでノンビリ行きます.

あっ.そうだ.出発前日になって依頼しておいたYトラベルサービスからeメールで届けられた日程表を載せておきます.
一部変更がありましたが,当日はほぼこの通りでした.
read more-->

23:18 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 電車 列車 鉄道 伊那谷 伊那 飯田線 青春18きっぷ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。