:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #7 | たつの荒神山温泉 たつのパークホテル



IMGP2326-1
PENTAX Optio WPi/2007-4-8/Hosted on Zooomr

IMGP2352
昨日の続き.
雨降る中を,天竜川に沿った道をしばらく行ったかと思うと,小高い丘を登っていく.そこに現われたのが,この日の宿であるたつの荒神山温泉の「たつのパークホテル」だった.この旅館は,信州公共の温泉宿の一つである.ここをこの夜の宿にした特別な理由はないのだが,辰野町〜伊那市の飯田線沿線の温泉宿で探していたら見つけた.辰野が飯田線の始発駅であるという事実も,ここを選ぶにあたって多少はあったかもしれない.それだけで決めた訳ではないが,辰野から出て,一日で終点の豊橋まで行くことになるからだ.

IMGP2329
荒神山(こうじんやま)の上に立つ旅館に到着すると,送迎車のドライバーにお礼を言い,チェックインを済ます.
洋風な外観をしているが,通された部屋は和室であった.そして,そこにあったのが,写真の天童木工のイージーチェアとコーヒーテーブル.これだけで何かセンスなようなものを感じる.これだから,家具・調度の類いに手抜きは許されない.(*全写真拡大可)

IMGP2336IMGP2337
家具を見終えると,早速,温泉につかりに行く.
男湯に行くと他に誰も入っておらず,貸切り状態だった.お湯は沸かしの循環だったが,塩素のニオイは鼻につかず,無色透明だったが適度なヌメリが肌に気持ちいい.
次の日に朝湯に入った時には,湯温高めの露天風呂から,遠くガスに霞んだアルプス最北端の山々が真正面にのぞめ,その開放的な絶景を楽しめた.
気分はすっかり,”いい湯だな〜.あ〜ビバノン”なのだった.

IMGP2319
そして楽しみにしていた食事.
なかでも伊那谷に来たからには,馬刺しである.予約した時に訊いたときにコースに入っていないということだったので,別皿で頼んでおいた.これが正解で,ガッツき過ぎて,写真を取り忘れるくらいのおいしさだった.
さて,伊那でどうしても食べたかったものが三つあったのだが,ローメン,馬刺しと来て,あとは,翌日のソースカツ丼を残すのみとなった.

IMGP0852
なお,ここ荒神山は,戦国時代にこの一体を支配していた武田信玄と,それに反旗を翻していた高遠城主 高遠頼継が戦を繰り広げたゆかりの土地らしい.そのあたりのいきさつを描写したプリントがホテルのファイルについていた.それはホテルの支配人が書いたものでなかなか興味深い読み物だったのだが,”荒神山”だけは読めず,結局,帰りの清算時にフロントに尋ねることにあいなった.

Related posts:
青春18きっぷの旅 | Last weekend
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ(計画に至ったいくつかの理由)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #1
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #2
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #3 | 野田新町−名古屋−塩尻
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #4 | 塩尻−辰野
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #5 | 辰野−伊那市(あぁローメン)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #6 | 伊那市−高遠−辰野(泊)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #7 | たつの荒神山温泉 たつのパークホテル
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #8 | 辰野−駒ケ根(いぃソースかつ丼)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #9 | 駒ケ根−下市田
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #10 | 高森南小学校の桜
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #11 | 下市田−豊橋−野田新町
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #12 | 番外編:収支報告

JR東海道線 野田新町駅
JR野田新町駅 | 新駅ではじめる生活

赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #1
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #2
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #3
北陸鉄道 #1 | 石川線
北陸鉄道 #2 | 金名線
SUICAペンギン増殖
どえりゃあ亭
鉄道用プリペイドカード
長良川鉄道のサイクルトレインに乗って,郡上八幡まで | 06プロジェクト『長鉄』
衣浦湾に架かる鉄橋 | 衣浦臨海鉄道
衣浦臨海鉄道 | red train running
続/北海道への寝台特急の旅 #1 real live
北海道への寝台特急の旅 #2
北海道への寝台特急の旅 #25
北海道への寝台特急の旅 番外編 #1|輪行袋の冒険
北海道への寝台特急の旅 番外編 #2|支笏湖公園自転車道
北海道への寝台特急の旅 #1(live)
北海道への寝台特急の旅 #2(live)
北海道への寝台特急の旅 #3(live)


22:00 | Comment(8) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 飯田線 伊那谷 伊那 辰野 温泉 旅館 ホテル 鉄道 天童木工 馬刺し
:: comments on entry
こんばんは、今回も良い旅をされてますね!それにしてもyanzさんは目のつけどころが違いますね。まず家具のチェックをするところがさすがです。馬刺ってそんなにうまいのですか?あまり美味しいのを食べた事がないのですが、でも記事をみて無性に食べたくなりました。次の記事ででてきますか?私の大好物ソースカツ丼楽しみにしています。
Posted by velo at 2007/04/18 23:30

veloさん,いらっしゃいませ.
馬刺しは好きです.クセがないのでお勧めですね.veloさんもソースカツ丼をお好きですか.おいしいですよね.実は,今晩の我が家の夕食はお手製ソースカツ丼でした.ソースは駒ケ根産です(笑)
そうそう.ソースカツ丼は次回に登場の予定です.
ところで,ここのブログに限らず,コメントをされる時は,ご自分のURLを入れた方がいいと思います.そこからアクセスしてくれる方がいたりします.
Posted by yanz at 2007/04/19 00:19

 2月にたつのパークホテルの前から辰野市街と宮木−伊那新町間を行く飯田線を撮影しましたよ。公共系なのにかなりよさげなホテルだと思ってましたが、やっぱりよかったですか。
 ちなみに僕が辰野に行った時は、節約のために車中泊(ファンカーゴ)でした。寒かった…。
Posted by Naito Masayasu at 2007/04/19 01:22

こんばんは はじめまして
先日はわたしのブログへのコメントありがとうございました
飯田線は近いながらもほとんど乗ったことがありません
こんごの記事も楽しみですね
わたしもソースカツ丼大好きなんです
駒ヶ根へ時々行くんですが必ず食べてきます
もちろん帰りにはソースも買ってきます
これからもお邪魔しますね リンクいただいていきます
Posted by k-masa77 at 2007/04/19 19:19

Naitoさん,いらっしゃいませ.
ホテルは温泉もサービスもよかったです.いくら取材でも車中はツライでしょうから,次回は是非利用してみてください.
時間がもっとあれば,各駅に下りて,駅周辺をほっつき歩きたいものです(笑)それに,飯田線を被写体にして写真を撮ってみたいと思わせる,のどかな風景でした.またいつか行ってみたいものです.
Posted by yanz at 2007/04/19 23:14

k-masa77さん,いらっしゃいませ.
駒ケ根行かれるのですね.ソースかつ丼,お好きですか.結構,隠れたファンが多いですね(笑)
駒ケ根には,いろいろな店がソースかつ丼を出しているようですが,店ごとに特徴があるのでしょうね.
今回の旅行でソース買って来ました.ただし,飯田駅でなんとか手に入れることができました.昨日はソースかつ丼でしたが,結構いけましたよ.
Posted by yanz at 2007/04/19 23:20

こんにちは。おじゃまします!

天道木工の家具いいですね。
シンプルで素敵なものが多く
ロングセラーが多いと聞きました。

馬刺しも美味しそうですね!!

辰野は行ったことが無いのですが
よさそうなところですね^^
是非行ってみたいです☆
Posted by kirsch at 2007/04/20 11:02

kirschさん,いらっしゃいませ.
天童木工お好きですか?気をシンプルに使った家具はいいですよね.ロングセラーが多いのはうなずけますね.
辰野や伊那,駒ケ根,飯田と派手派でしい観光地でなく,のんびりとした地に足が着いた感じがいいですね.
Posted by yanz at 2007/04/20 23:46



:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。