:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #3 | 野田新町−名古屋−塩尻



IMGP0709-1
PENTAX K10D+SIGMA17-70DC/2007-4-7/Hosted on Zooomr

さてと,やっと「飯田線で伊那谷へ」の旅へ出発.

●東海道本線:野田新町−刈谷−名古屋

野田新町 8:15−普通−刈谷 8:18
刈谷 8:20−特別快速−名古屋 8:36

IMGP2250
出発は,最近開業し,最寄りの駅となった野田新町.駅までは徒歩.駅まで徒歩というのは,クルマや自転車など残すものがないだけ,気持ちが軽くなった気がする.
途中,すっとぼけたパンダの路上の置き物にビックリさせられるというハプニングはあったものの,順調な滑り出し.
青春18きっぷを利用したのは今回がはじめてだったので,どうやってバリデイト(入挟)するのか興味があった.きっぷの表面に月日を書く欄があるので,てっきり駅員がそこに記入するものだと想像していたら,なんのことはない,いつもの挟んでハンコするモノ(名前を知らない)で駅名と日にちの入った丸印を二つ(二人分)押すだけであった.
さて,最初の予定では,野田新町から金山までは普通で行き,そこで中央本線に乗り換える予定だったのだが,刈谷駅で特別快速に連絡しているのがわかって,急遽そちらに変更.というのは,特別快速なら名古屋まで行って,中央本線に乗り込めるので,始発なら座れる確率が高いと踏んだからである.その考えはあたったのだが,この特別快速がよくなかった.まるで平日の通勤ラッシュのようにめちゃめちゃ混雑しており,ぎゅうぎゅう詰めの状態だったのだ.慣れないものにとっては,これはちとツライ.ダイヤが改正されたばかりだが,JRには,至急対策を願いたいものだ.

●中央本線:名古屋−中津川−塩尻

名古屋 8:45−快速−中津川 10:03
中津川 10:16−普通−塩尻 12:11

IMGP2252IMGP2255IMGP2254
名古屋駅ですし詰めの電車から開放され,ホッと一息.
となりのホームに中津川行きの快速が停車しているのが見える.
目論見どおり座ることができたのだが,この電車も結構混んでいた.
乗車後ほどなく出発するが,快速なので中津川までは一時間程で到着.その間,事前にwikipediaから印刷してきた資料を二人して読み耽る.項目としては「飯田線」「辰野町」「伊那市」「駒ヶ根市」「辰野駅」「伊那市駅」「駒ヶ根駅」「伊那谷」,全部でおよそA4で40枚分,結構な情報量である.特に,「飯田線」については何度も読み,どこにポイントがあるのかをチェック.そして,その巻末に記載されている駅一覧リストにメモ.なお,持っていった時刻表がコンパクト版だったため,時刻表には飯田線の全駅が記載されておらず,歯抜けになっていた.そのため,このwikipediaの駅一覧リストは大変重宝した.
中津川に到着.予想に反して,駅は人でごった返していた.青春18きっぷ最後の週末ということもあるのであろうか.

IMGP0677IMGP0685IMGP0688
このあたりに来ると,山並みがぐっと近くに迫ってくる.
たった今乗っていた快速がホームを去って行った.その先を目を凝らして見ると,今度乗ることになる列車が待機している.いかにも,早く走りたくうずうずしているように見える.
その列車が人々の待つホームに滑り込んできた.松本行きの普通列車である.今まで乗ってきた快速の精悍さに比べると,少々くたびれているがベテラン然とした様が頼もしい.

IMGP0695IMGP0710IMGP0717
中津川を出ると,益々山深くなってくる.
各駅停車なので,特急に追い越されるために時折長い停車をとる.たまたま停まった駅を,カメラを提げて歩く.それがまた楽しい.野尻では先頭車両の正面に雪をいただいた南アルプスが見渡せたし(トップの写真がそう),上松のホームにはいわく付きの切り株が鎮座していた.

IMGP2268IMGP2271
塩尻までの普通電車の扉は半自動だった.つまり,開けるのは人で閉めるのは自動なのだ.降りる客あるいは乗る客がいる扉だけが,その客によって手で開けられる.それだけ乗降客が少ないがための仕組みなのであろう.これ以後,この手の列車には慣れっこになるのだが,最初は珍しかったし,駅に停車するたびに車掌が”扉は自分で開けて降りてください”とアナウンスするのは聞いてて面白かった.それだけで,なんだか時間がゆったりしてくる気がしたものだ.

そんな具合に列車は木曽をのんびりと走り抜き,塩尻に到着.乗り換えるために,ここで下車.そこでわれわれを待っていたのは,かわいらしい赤い列車であった.


Related posts:
青春18きっぷの旅 | Last weekend
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ(計画に至ったいくつかの理由)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #1
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #2
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #3 | 野田新町−名古屋−塩尻
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #4 | 塩尻−辰野
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #5 | 辰野−伊那市(あぁローメン)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #6 | 伊那市−高遠−辰野(泊)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #7 | たつの荒神山温泉 たつのパークホテル
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #8 | 辰野−駒ケ根(いぃソースかつ丼)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #9 | 駒ケ根−下市田
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #10 | 高森南小学校の桜
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #11 | 下市田−豊橋−野田新町
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #12 | 番外編:収支報告

JR東海道線 野田新町駅
JR野田新町駅 | 新駅ではじめる生活

赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #1
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #2
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #3
北陸鉄道 #1 | 石川線
北陸鉄道 #2 | 金名線
SUICAペンギン増殖
どえりゃあ亭
鉄道用プリペイドカード
長良川鉄道のサイクルトレインに乗って,郡上八幡まで | 06プロジェクト『長鉄』
衣浦湾に架かる鉄橋 | 衣浦臨海鉄道
衣浦臨海鉄道 | red train running
続/北海道への寝台特急の旅 #1 real live
北海道への寝台特急の旅 #2
北海道への寝台特急の旅 #25
北海道への寝台特急の旅 番外編 #1|輪行袋の冒険
北海道への寝台特急の旅 番外編 #2|支笏湖公園自転車道
北海道への寝台特急の旅 #1(live)
北海道への寝台特急の旅 #2(live)
北海道への寝台特急の旅 #3(live)


23:44 | Comment(2) | TrackBack(0)
Tags: 青春18きっぷ 中央本線 飯田線 野田新町 塩尻 中津川 伊那 伊那谷 鉄道
:: comments on entry
こんばんは。飯田線の旅いいですね〜。
ローカルな感じが懐かしく感じられるのがいいですね。
自分は豊橋から豊川までしか利用したこと無いのですが逆ルートもいいですね。いつか自分も輪行兼ねて出掛けてみたいところですね。
Posted by いたお いつじ at 2007/04/12 20:55

いたお いつじさん,いらっしゃいませ.
豊橋−豊川間は,飯田線の中では最も都市部で利用客も多いと思います.それ以外の所とは,車窓の景色がかなり異なります.豊橋から乗ると,山へ向かって行くにしたがって,本長篠を越えたあたりから,風景がかわっていきます.電車の旅では,こういう楽しみ方ができるのがいいですよね.
Posted by yanz at 2007/04/13 00:00



:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。