:: 青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ(計画に至ったいくつかの理由)



IMGP2116
PENTAX Optio WPi/2007-4-4/Hosted on Zooomr

IMGP2097昨日の記事に書いたように,この週末にJR「青春18きっぷ」を利用して飯田線に乗車するという計画が進行中である.
飯田線に乗りたいと思った理由は,近くて遠いローカル線になぜか無性に惹かれ,以前から漠然とそう思っていたと書いた.メイン路線とはかけ離れた超ローカル線.列車の技術向上で一分でも早くという願いを実現してきたメイン路線とは違い,遅い上にとても長い時間が必要になるという文字通り時間に乗り遅れたままの路線が飯田線なのである.しかし,それだからこそ,鉄道マニアにとっては,とてもぜいたくな魅力ある路線となっているとも言える.

さて,話はかわって,メインストリートとサブカルチャーの間のニッチで微妙な部分を,ジャンルを問わずつついてくる月刊誌「TITLE」その2006年10月号は「憧れの列車でめぐる世界の鉄道旅行 Go! Go! TITLe RAILWAY」と題した特集が組まれていて, 観ているだけで乗ってみたくなること必至で垂涎モノの鉄道が紹介されている.

その特集号の巻頭で,タモリとくるりの岸田繁の鉄道対談,題して「鉄道好きの話は続くよ,どこまでも!?」が掲載されている.その中で,両氏はその鉄道オタクぶりを遺憾なく発揮していることは言うまでもない.くるり岸田の鉄ぶりは有名で詳細鉄道知識に裏付けされた鉄オタぶりが見事に炸裂.それに対し,タモリと言えば,鉄道に関する知識では岸田に叶わないものの,その独特の大局感ぶりと上品さを合わせもっている上に,それを裏付ける豊富な乗車体験で迎え討つといった,大変読み応えのある対談となっている.

二人の対談の中に,こんなくだりががある.

タモリ
「...あと飯田線全線乗車はやってみたい.愛知の豊橋から長野の辰野まで,直通で7時間かかるんだけど,あれを我慢できるかだね」
岸田
「僕,断念しましたよ」
タモリ
「え,行ったんだ.どこらへんで断念した?」
岸田
「天竜峡までやったかな,だいぶ昔やけど.すっごく待ち時間長いんですよ.旧私鉄やから山の中なのに駅間距離が短いし.誰も乗らないし,誰も降りひんのに」

二人は飯田線を誉めてる訳ではない.タモリは乗ってみたいと語っているが,岸田は断念したと告白しているのである.それにもかかわらず,二人の対談のこの部分を読んで以降というもの,飯田線に触れた二人の会話のことを事あるごとに思い出すようになった.きっとそれは乗りたいという気持ちの裏返しだったのだろう.そして,この春に格安の「青春18きっぷ」が発売されることを知ったとき,真っ先に頭に浮んだのは,二人の会話の飯田線だったのである.

というところまでで今回の記事の趣旨としては,事足りるのだが,二人の対談にはもう一つ面白いくだりがあったので,余談として載せておく.

タモリ
「...そしたら駅員が来て「列車には待つように言いましたから.いいんですよ,次の駅でも8分停まりますから,そこで調整します」って」
岸田
「田舎の電車のいいところですよね.僕も小学生の時,家族旅行でお茶菓子の忘れ物をして,名鉄三河線の電車に待ってもらったことがあります」

どうやら小学生だった岸田少年は,家族と一緒に愛知県に来て,名鉄三河線に乗車したらしい.当時の三河線は,知立を始発として,南の吉良吉田までの路線と,北へ向う西中金までの路線とが存在していた.吉良吉田方面に向ったのか,西中金方面へ向ったのか,そしてどの駅での出来事だったのかは語られていない.自転車で通勤する時にはいつも三河線を横切るのであるが,岸田少年はこの駅で電車に待ってもらったのかもしれないと,思わずにはいられない.

さて,明日からの列車での移動について,もう少し書いてみたい.

最初にプランを練る時に決めていたのは,出発駅−豊橋−辰野というルートと,できれば駒ヶ根と伊那で昼飯を食べるべく,途中下車をしたいということだった.昨日の記事では書かなかったが,最初から自転車のことは計画に入れていなかった.ただ,実は少しだけ輪行のことが頭をよぎったのは白状しておく.そのときに,発作的に折り畳み自転車を探したことも.

本屋で時刻表を手に入れ,プランを練りはじめた.時刻表の中では,飯田線は豊橋−本長篠と本長篠−岡谷間*1で掲載ページが異なっていて,わかりにくい.時刻表を当たりはじめて左程時間を掛けずに,さっきの前提がうまく成り立たないということに気付くことになった.辰野へ行くだけなら行けるのだが,その間に途中下車をするとなると,途端にうまく繋がらなくなる.本数が少ないので次に乗っても,昼飯が夕方になってしまうのである.それで途方に暮れ,やはり飯田線は一筋縄ではいかないもんだなとしばらくはプランを考えるのを放り出してしまった.

*1
辰野ではなくて岡谷まで掲載されている.辰野−岡谷間は中央本線.

さて,そのうちあることに気付き,なんとかプランを組めたのだが,それについては,後日報告することにしよう.


Related posts:
青春18きっぷの旅 | Last weekend
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ(計画に至ったいくつかの理由)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #1
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #2
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #3 | 野田新町−名古屋−塩尻
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #4 | 塩尻−辰野
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #5 | 辰野−伊那市(あぁローメン)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #6 | 伊那市−高遠−辰野(泊)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #7 | たつの荒神山温泉 たつのパークホテル
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #8 | 辰野−駒ケ根(いぃソースかつ丼)
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #9 | 駒ケ根−下市田
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #10 | 高森南小学校の桜
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #11 | 下市田−豊橋−野田新町
青春18きっぷの旅 | 飯田線で伊那谷へ #12 | 番外編:収支報告

くるりワンマンライブツアー2006(@名古屋)
積乱雲とハイウェイ | Clear-cut clouds and highway
僕が旅に出る理由〜くるり岸田の場合
ありふれた安心な日曜日

JR東海道線 野田新町駅
JR野田新町駅 | 新駅ではじめる生活

赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #1
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #2
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #3
北陸鉄道 #1 | 石川線
北陸鉄道 #2 | 金名線
SUICAペンギン増殖
どえりゃあ亭
鉄道用プリペイドカード
長良川鉄道のサイクルトレインに乗って,郡上八幡まで | 06プロジェクト『長鉄』
衣浦湾に架かる鉄橋 | 衣浦臨海鉄道
衣浦臨海鉄道 | red train running
続/北海道への寝台特急の旅 #1 real live
北海道への寝台特急の旅 #2
北海道への寝台特急の旅 #25
北海道への寝台特急の旅 番外編 #1|輪行袋の冒険
北海道への寝台特急の旅 番外編 #2|支笏湖公園自転車道
北海道への寝台特急の旅 #1(live)
北海道への寝台特急の旅 #2(live)
北海道への寝台特急の旅 #3(live)


22:20 | Comment(10) | TrackBack(1)
Tags: 青春18きっぷ JR 飯田線 伊那 伊那谷 title タモリ 岸田 くるり 名鉄 三河線 対談 鉄道
:: comments on entry
こんにちは。
昨日はご訪問有難う御座いました。これから、深く読み進めていきたいと思っていますが、とても多ジャンルに渡る、読み応えのあるブログですね。最初は、長い文章(言葉)で構成されたそのデザインに少し戸惑いを覚えたのですが、読み進めていくうちに、知識と確かな情報量に裏打ちされた、流れるような卓越した文章表現に(時折、アイロニーたっぷりに)、いつのまにか引き込まれてしまっていました。(笑)
「路上の風景」これからが、楽しみです。
ちょくちょくお邪魔させていただきますので、こちらこそ、よろしくお願いします。
Posted by jpg-migu at 2007/04/07 08:08

 ああ、この雑誌のこの号。発売前から知っていたのに結局手にする事がありませんでした。ヤフオクとかで誰か出してないかなあ。
 まあともかく、行ってらっしゃいませ。
Posted by doggylife at 2007/04/07 11:14

ちょっと前の「タモリ倶楽部」で、この二人が貸切電車で京浜急行の整備工場を見に行く企画があり、電車の床に寝転んで耳を付けて「このモーター音がドレミファ…て音階になっているんですよ〜」とか「ここのポイントは鉄橋上にあって珍しい」とかはしゃぎまくってましたね。

ちなみに私、中学生のとき、急行で一度、高校生のとき各駅停車で一度全線踏破したことがあります。
今なら沿線は桜でキレイなんでしょうか。
私も「18きっぷ」あと1回残っているので、ちょっと遠出を計画してます。
Posted by Nobu at 2007/04/07 13:28

むふふ♪
折りたたみ自転車は電車の中で邪魔にならないし駅から降りてすぐに乗れるのもいいですよ〜ん!
特にブロンプトンはお勧めです(^^)
Posted by tsukasanohide at 2007/04/07 16:40

これはまた楽しそうな計画立ててますねぇ(^^)
折畳み自転車も含めて、後日のご報告が大変楽しみになってきました。
私はさほど鉄オタではないのですが、歳と共にローカル線でのスロー旅に憧れるようになって来ました。
Posted by LOTUS at 2007/04/08 03:51

jpg-miguさん,いらっしゃいませ.
お褒めいただき,恐縮です.ただし,言葉足らずだったり,言葉が多すぎたりして,バランスが欠けている部分があるのは自覚しております(笑)
もともとゴチャマゼのおもちゃ箱をひっくり返したようなサイトを目指しているので,それを踏まえ,御笑覧いただけると嬉しい限りです.こちらこそ宜しくお願いします.
Posted by yanz at 2007/04/09 22:36

doggylifeさん,いらっしゃいませ.
TITLEの場合,特集するジャンルが多岐にわたってて,とことん興味がある号がある反面,全く興味がない号もあったりして,それでついつい買いそびれてしまって悔しい思いをすることありますよね.よくわかります.
ヤフオクなら手に入りそうですけどね.
Posted by yanz at 2007/04/09 22:43

Nobuさん,いらっしゃいませ.沿線の桜は綺麗でした.あと,桃の花も.
二度も乗車されていたのですね.さすがです.でも,中学・高校ということは,街角探訪はまだということですかね.飯田,駒ケ根,伊那市などなかなかにひなびたいい感じの路地裏がありそうでしたよ.
> モーター音がドレミファ…て音階になっているんですよ〜
これは,同じことをTITLEでの対談でも言ってました.
Posted by yanz at 2007/04/09 22:59

tsukasanohideさん,いらっしゃいませ.
ブロンプトンいいですよね.
DAHONもいいし,BIKE FRIDAYも捨てがたい.あれもこれも状態で目移りして,これじゃあイカンとあきらめました(笑)今度列車を利用するときまでになんとかしたいと望みつつ.
Posted by yanz at 2007/04/09 23:08

LOTUSさん,いらっしゃいませ.
夜の街をクルマで移動というのもシャレてますけど,列車の旅もいいもんです.写真はですねえ.列車に乗りながらの撮影が難しいことを思い知りました.
今回買いそびれた(というか,買いとどまった)折り畳み自転車は今後の宿題ということで(笑)
Posted by yanz at 2007/04/09 23:11



:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry

佐久間町の玄関口?「佐久間駅」
Excerpt: 佐久間町巡りをする上で拠点となるのが「駅」ですね。佐久間町にはJR飯田線というものが通っております。 飯田線とは愛知県の豊橋駅から長野県の辰野駅までを結ぶほとんど単線のローカル鉄道なんですが、一応、特..
Weblog: 日本一暑い田舎 “佐久間町” ブログ
Tracked: 2007-05-14 10:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。