:: 地上にある地下街を訪ねて瀬戸へ #2



IMGP1490.JPG

瀬戸ツーリング,前回の続き

地上の地下街のうなぎで空腹を満たしたあとは,周辺の探索を開始です.

IMGP1430IMGP1428.JPG
最初に訪れたのは,招き猫ミュージアム.ここには,全国各地,古今東西の招き猫が集められ,ところ狭しと展示されています.招き猫といえば陶器で作られていますので,常滑や瀬戸で沢山造られているようです.
なお,二階にあるミュージアムは有料で入場料は300円.一階は,お茶が飲める店舗になっていて,沢山の招き猫グッズが売られていました.

IMGP1437IMGP1438
その後,地下街の前から伸びている,昔懐かしいニオイのするアーケードの商店街を通ります.その名も銀座商店街.
私の生まれた土地にも同じ名前のアーケード商店街があり,子供のころは大層賑わっていました.今は影も形もありませんが,瀬戸のアーケード街を通り抜けながら,その当時のことを思い出していました.

IMGP1442IMGP1451IMGP1446
その次にむかったのは,瀬戸蔵ミュージアム.だったのですが,目の前まで行ったところで,隊長が瀬戸街道を挟んが向かいにある古い建物に立て掛けられた看板を発見.”いちご大福”の文字に惹かれて行って見ると,「川村屋」という屋号の格式のある堂々たる建物をもつ和菓子屋さんでした.欄間,二階にかかったすだれ,味のある字体で書かれた暖簾.なんとも懐かしい風情のある佇まい.店の方によると,築年数は90年ということでした.
ここで買った名物の”瀬戸川饅頭”,皮が厚く,酒蒸しまんじゅうのようで,あまり饅頭が好きではない私もおいしくいただきました.同じく家に持って帰った,いちご大福は,ニ個とも隊長に献上してしまったのでわかりませんが,辛うじて白あんだったのは確認できました.

IMGP1452.JPGIMGP1455.JPGIMGP1472.JPG
寄り道したあと行ったのは,瀬戸蔵ミュージアム
ここは,瀬戸蔵の2,3階に造られた博物館です.入館料大人500円.
入口を入ると,原寸大で復元された旧瀬戸電尾張瀬戸駅の駅舎とその前に停車している緑色の車両(瀬戸電)が目に飛び込んできます.まるで昭和時代の瀬戸にタイムスリップしたかのようです.

落とし気味の照明がいい塩梅にうらぶれた雰囲気を醸し出しています.館内の照明は20分間隔で明るくなったり,暗くなったりを繰り返し,朝夕を演出しているとのことでした.館内の写真撮影は許可されていますので,照明が明るくなったときがシャッターチャンスです.

駅舎の隣には,「モロ」と呼ばれる陶房が再現されていました.先の駅舎やこの「モロ」は2,3階ぶち抜きで設置されている原寸大模型でその場に居るような迫力で迫ってきます.瀬戸市には失礼ですが,なんでこんなところにこんなスゴイものが?驚きました.これは一見の価値のある原寸大ジオラマです.

「モロ」の中で土練りから彩色まで,せとものが製造されるまでの一連の工程がわかるようになっています.そこでは,ベルトや歯車類を介して,一個のモーターの動力で土練り機やろくろなど複数の機械を駆動させる装置が外から動く様子が見えるように再現されており,これは機械好きにはたまらない趣向です.

「モロ」の中で最も目を奪われたのは,ディスプレイで放映されていた画像.モロの中で働く職人たちの動きや一個のモーターから動力の伝わる様子,窯の中で陶器が焼かれる様子などがリアルな三次元グラフィック映像で再現されていて,その仕事の流れや動きが手に取るように理解できました.これは,実物(を模造したもの)を前にして口頭で説明される以上の効果です.

また,3階には,瀬戸焼の変遷が沢山の現物や図表を交えて,興味深い展示がされていていました.この時は先を急いでいたのでじっくり観ることができませんでしたが,いつか時間を掛けて見学したい場所です.

その3階の資料室を出るとバルコニーの回廊のようになっていて,先程説明した駅舎やモロなどを上から俯瞰できるようになっています.そこから撮影したのがトップの写真です.

IMGP1506IMGP1507
瀬戸蔵ミュージアムを後にし,今度は目と鼻の先にある新世紀工芸館に向います.ここでは,研修生の展示会が開催されていました.ガラスの素材を使ったものが多く,それが新鮮でした.

IMGP1508IMGP1509
小腹が空いてきたので,おやつタイム.ということで,念願の焼きそばを食べることに.目指すは地下街のお店「大福屋」
到着すると,先ほどと同じように大将が鉄板の上で大量の焼きそばをかき混ぜていました.そして,店の外には出来上がりを待つお持ち帰りの人々.店の中に入って,焼きそばを注文します.座った位置は大将の斜め後ろで動作がよくみえるポジションです.大将が鉄板の下から鍋を出して,鉄板の上の麺に何かをかけ,猛烈な勢いで混ぜるのを目撃.これが噂のダシなのでしょう.瀬戸の焼きそばは,豚肉の煮汁をかけるので有名なのです.
その味は想像していたのとは異なり,思いのほか甘みが強かったです.持ち帰りの客が待っていましたので,瀬戸の人にとっては,これが懐かしい味なのでしょう.

IMGP1518
日暮れも近づいてきて肌寒くなってきはじめたので,タイヤを交換してから帰ることにし,「うなぎの田代」のおかみさんに教えてもらった自転車屋「人力車」に向いました.ここの店は,完成車が何台か店内に展示してあるだけで用品類がほとんどない.店長に聞くと,倉庫にしまってあるとのこと.たぶん新車販売やメンテがメインでやられているのでしょうね.
ここにあったタイヤはミシュランの高いヤツ(パンクした後輪より少し高いもの)と安いヤツ(前輪に履いてるのを同じモノ).思い切って高い方への交換をお願いしたのですが,いざ付けてもらおうとしたらサイズが700Cじゃなくて,650C.珍しいことに,表示と中身が違っていたのです.ということで,結局もう一方の安い方に交換となりました.

その後,最後の方はかなりばてたようでしたが,何事もなく帰宅.走った距離は,先週の蒲郡より20kmも伸びているのですが,隊長曰く,疲労具合はあまりかわらないとのこと.今回の道程には起伏もそれなりにあり,交通量の多い走りにくい道がほとんどだったことを考えれば,半分に自転車道が整備されている浜名湖では,充分完走できるでしょう.


●走行距離 : 78.2km
●走行時間 : 4hr7min

Related entries:
地上にある地下街を訪ねて瀬戸へ #1

知多半島横断し,常滑へ | 曇りのちRain ride
長良川鉄道のサイクルトレインに乗って,郡上八幡まで | 06プロジェクト『長鉄』
矢勝川の彼岸花と芝で覆われた新美南吉記念館
有松の街並みと桶狭間古戦場跡
紅葉ポタ | 香嵐渓と王滝渓谷 #1
紅葉ポタ | 香嵐渓と王滝渓谷 #2
紅葉ポタ | 香嵐渓と王滝渓谷 #3
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #1
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #2
赤い電車に乗って | 名鉄サイクルトレイン試乗 #3


22:05 | Comment(6) | TrackBack(0)
Tags: 瀬戸 地下街 招き猫 焼きそば 陶器 せともの 自転車 bike サイクリング
:: comments on entry
本日yanzサマが隊長さんと浜名湖で格闘中
長男と瀬戸蔵を目指して行って来ます。
次男と妻は瀬戸電で行きます。
昼食は記事にもある『焼きそば』です。
この記事を見ながら、妻に話をしておりましたら、
この焼きそば2年ほど前に行った時も食べてたらしいんですが、
私の記憶からは欠落しておりました。
帰りは向かい風になること必死のツーリングに
長男は耐えられるか?無事に帰れるのか???
Posted by toppo5mt at 2007/03/18 07:19

toppo5mさん,いらっしゃいませ.
浜名湖,お蔭様で無事完走できました.相変わらず,風は強かったですが,最高のサイクリング日和でした.本当に気持ちのよい大会です.来年は如何ですか?ファミリーコースもありますよ.
toppo5mtさんは,ご家族で瀬戸蔵に行かれたのですね.私が来館したときも子供さんが瀬戸電の運転席に陣取ってて楽しそうでしたので,toppo5mtさんのお子さんたちもワクワクだったのでしょうね.長男くんは,二之瀬への第一ステップですね!無事クリアできたのならよいのですが.また記事を楽しみにしております.
Posted by yanz at 2007/03/19 00:14

招き猫ミュージアム、私も行ってきました!
17日18日は、入場料無料になっていましたよ♪
Posted by tsukasanohide at 2007/03/19 06:56

浜名湖お疲れ様でした。隊長さまも無事完走されたのですね。
ファミリーコースがあること知っております。
弁当つきであることも。いつものSHOPに長男と行ったとき、
『出てみる?』って聞いたら『ヤダ!!』と
即答だったので、今年は諦めました。

さて、瀬戸の件、そうなんですよ
tsukasanohideさまのおっしゃるとおりで、
招き猫も瀬戸蔵も17・18は無料開放だったようです。
妻と次男は堪能してまいりました。
招き猫の絵付け体験も無料でやったりしてね。
で、私と長男はどうしたのか…
今晩日付の変わった頃帰りましたら、記事をUPしようと思ってます。
Posted by toppo5mt at 2007/03/19 13:17

tsukasanohideさん,いらっしゃいませ.
招き猫,いかれましたかー.
招き猫のあげている手の右・左で意味合いが違うというのを,はじめて知りました.瀬戸も奥が深いですね.まだまだ行き足りてません(笑)
Posted by yanz at 2007/03/20 22:46

toppo5mtさん,いらっしゃいませ.
ブログを拝見しましたよ.
自転車組と瀬戸電組は,明暗がはっきりしたようで(笑),自転車組は瀬戸には行けずに残念でしたね.無料開放は財布にはやさしいですね.
個人的には,多少料金がかかっても,普通の日に行ってのんびりするのもいいかなと思いましたよ.
でも,瀬戸は今回,行きたくても行けなかったところがありますので,いつかまた行ってみたいです.
Posted by yanz at 2007/03/20 22:55



:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry