:: 北陸鉄道 #2 | 金名線



IMGP0211
PENTAX Optio WPi/2006-12-5/Hosted on Zooomr

前回のエントリー 北陸鉄道 #1 | 石川線 では,石川県白山市で乗車した私鉄ローカル線である 北陸鉄道石川線 について書いた.そして,その記事の中で,地元の方から,昔は 石川線 のことを「金名線」と呼んでいて,「金」は金沢,「名」は愛知県名古屋市のことだと教えてもらった,というところまで書いた.

後から調べると,金名線というのが存在したのは事実だったのであるが,石川線が金名線と呼ばれていた訳ではなく,石川線の終点である加賀一の宮駅から先に金名線という路線が存在していたということがわかった.もちろん,その先は名古屋まであったはずもないが,確かに白山下駅という終点まで線路は存在していた.

その金名線について,Wikipediaには,以下のように記述されている.

北陸鉄道金名線
金名線(きんめいせん)は、石川県石川郡鶴来町(現・白山市)の加賀一の宮駅から石川県石川郡鳥越村(同)の白山下駅までを結んでいた北陸鉄道の鉄道路線。
路線名は両白山地を越えて金沢と名古屋を結ぼうという壮大な構想からである。しかし、当時は投資家の気を引くため、大社宮島鉄道など社名だけが壮大なローカル鉄道が多く、発起人の資力を見る限り本気で金沢と名古屋を結ぶつもりであったかは疑わしい。沿線で酒造業を経営していた小堀定信の出資により1925年(大正14年)に金名鉄道が設立され、資金切れになっても鶴来や金沢からの協力者が現れることを期待して白山下側から着工し1926年に開業した。そのため廃止されるまで正式な起点は白山下駅だった。小堀定信は金名鉄道の建設に多額の資金を投入し、一時破産直前にまで追い込まれた。負債圧縮のため、開業して間もなく鶴来〜神社前2.0kmを金沢電気軌道に売却している。
金沢へは北陸鉄道石川線の前身である金沢電気軌道と接続することで到達出来たが、資金不足のため、名古屋方面へは白山下駅より先に延伸することが出来なかった。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
先程,石川線が金名線だったというのは間違いということを書いたが,事実はもう少し込み入っている.元々は小堀定信の出資により開業した金名鉄道の営業区間が,後の北陸鉄道金名線と現在の石川線の一部である鶴来−加賀一の宮間を合わせたものだったのであるが,財政難から金名鉄道は,鶴来−加賀一の宮間を金沢電気軌道に譲渡したのである.したがって,北陸鉄道石川線を金名線と呼ぶのは正しくないが,石川線は元々金名鉄道の一部であったのは確かである.

金沢と名古屋を鉄道で結ぶということが,大言壮語だったとしても,そして,どういった政治的背景や野望から出たものであったとしても,なかなかに興味をそそる話である.ただし,なぜ小堀定信がそういった野望を抱くようになったのかについての記述は,残念ながら見つけられなかった.

大嶋賢一さんのサイト 金名急行:金名鉄道の野望 には,この野望を抱いて金名鉄道を開業した小堀定信が目指したルートについての記述がある.それによると,1919年の開業当時に彼の頭の中にあったのは,

金沢−鶴来−白山下(旧鳥越村)−越前大野−大垣−名古屋

というルートだったらしい.それが,1924年に高山本線が着工したことによって,事実上,鶴来ルートが見棄てられた形になった.その後,小堀定信が持ち出してきたルートが,

金沢−鶴来−白山下−中宮温泉−野谷荘司山−郡上八幡

というものだったようだ.そして,郡上八幡で当時工事中の越美南線(現在の長良川鉄道)に接続させるつもりだったと書かれている.これは最初のプランより,距離は短くなるが,白山越えをしなければいけなくなり,難工事は必至である.このルートついて,大嶋賢一さんは,白山スーパー林道のコースに類似していると書いている.ここで気になるのは,当時越美南線は,越美北線(越前花堂駅−九頭竜湖駅間)と合わせ,岐阜県と福井県を結ぶ計画で建設が開始されたはずである.一方,金名線を現在の国道157号線に沿って南進させると,丁度越前大野で越美北線にぶつかる.そこで,

金沢−鶴来−白山下−越前大野−越美北線−越美南線

とした方が合理的だったのではないか.ただし,越美北線の着工開始は,まだ先(1934年に予算計上)であるので,当時は実現性の乏しい話と判断した可能性はある.それとも,このルートだと越前大野から先は借り物の路線になり,それは小堀定信の壮大なロマンには合わなかったのかもしれない.

なお,金名急行:金名鉄道の野望 には,”もしも金名線が本当に名古屋まで走っていたら?”というとても興味深い架空紀行文が掲載されていることを付け加えておく.

さて,最初のルートについて戻って考えてみる.以下はそのルートマップである.このルートマップは,地図Z というサイトを利用して作成した.Alps routeも便利だが,ただ単にルート図を作成するだけなら,GoogleMapsをBLOGに簡単に貼り付けられるこちらの方がシンプルで簡単である.

地図Z:北陸鉄道金名線

地図の中の番号については,以下の通り.

(1)加賀一宮 (2)白山下 (3)越前大野 (4)大垣 (5)名古屋

このルートで鉄道の線路を敷くとなると,現在の国道157号線に沿って(もちろん,当時は存在していないが)岐阜県に辿りつくことになるだろう.このルートには,白山(標高2,702m)程の高山はないにせよ,奥美濃最高峰の能郷白山(標高1,617m)に連なる越美山地が控えており,これを越えるのは容易ではないはず.それは,温見峠で越見山地を越える国道157号線が酷道と呼ばれていることからも窺い知れる.

なお,地図のようなルートをとった場合,金名線の総延長距離,つまり,加賀一の宮〜名古屋間の距離は183.1kmとなる.

金名鉄道は,1943年戦時統合により北陸鉄道の金名線となる.1984年には橋梁の老朽化が見つかったことにより,運休になり,バスの代行運転となった.そして,そのまま復旧しないまま,1987年に廃線となった.現在の金名線跡には,自転車道が整備されているようである.mattaさんからも,週末には石川線にサイクルトレインが運行されているという情報が寄せられた.

金名線終点だった白山下には,小堀定信氏の胸像があるという.いつか自転車をサイクルトレインに乗せて,訪れてみたいものである.そう.白山を前にすれば,彼が抱いたロマンを少しは感じることができるかもしれない.


Related entries:
北陸鉄道 #1 | 石川線

北海道への寝台特急の旅 #1(live)
北海道への寝台特急の旅 #2(live)
北海道への寝台特急の旅 #3(live)
続/北海道への寝台特急の旅 #1 real live
北海道への寝台特急の旅 #2
北海道への寝台特急の旅 #25
北海道への寝台特急の旅 番外編 #1|輪行袋の冒険
北海道への寝台特急の旅 番外編 #2|支笏湖公園自転車道
衣浦湾に架かる鉄橋 | 衣浦臨海鉄道
衣浦臨海鉄道 | red train running
長良川鉄道のサイクルトレインに乗って,郡上八幡まで | 06プロジェクト『長鉄』
鉄道用プリペイドカード
どえりゃあ亭
SUICAペンギン増殖

Related links:
金名急行:金名鉄道の野望
減速進行:北陸鉄道金名線廃止跡を訪ねて


22:52 | Comment(4) | TrackBack(0)
Tags: 北陸鉄道 金沢 金名線 金名鉄道 名古屋 白山 越美南線 越美北線
:: comments on entry
現代の技術をもってしてもそうたやすい工事ではないことが想像できます。もちろん、費用対効果を考えても。やはりそんなこと関係ない、ロマンなんですね〜。なんだか夢のようなというか、前向きな気持ちにさせられるこのような話は大好きです。今はキレイに自転車道が整備されていますので、また是非お越し下さい。
Posted by matta at 2007/01/30 18:15

mattaさん,いらっしゃいませ.連続でコメントをお寄せいただき,感謝致します.
小堀定信がどういう想いでもって,こういう野望を抱くようになったのか,そこにとても興味があります.
自転車道もサイクルトレインも楽しいそうですね.機会があれば,是非とも行って見たいです.そのときは,お誘いします.mattaさんとなら自転車道だけでは,もの足りなくなりそうですが..(笑)
Posted by yanz at 2007/01/30 22:47

金名線の詳細を興味深く読みました。
小堀さんは、鶴来の「萬歳楽」の酒屋さんですね・・
そんな野望を立てていたとは知りませんでした。
昔は白山下の手前に手取遊園地があって遊びに行きました。
白山登山にも白山下まで行きました。
大学の頃、かみさんとデートにも行きました、笑い。
懐かしい石川総線、金名線です。
石川県にmattaさんのようにロードや山サイの人がいるなんて・・
昔は見かけませんでした、笑い。
Posted by うーやん★ at 2007/01/31 09:04

うーやん★さん,いらっしゃいませ.
小堀さんは金沢では有名な方なのですね.さぞや,大きな酒屋さんだったのでしょう.
石川線や金名線の沿線には,うーやん★さんの思い出が詰まってるのですね.また機会があれば,訪れてみたい場所になりました.
Posted by yanz at 2007/01/31 22:16



:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。