:: 日本シリーズ DxF 第2戦 @ナゴヤドーム



IMGP0693
PENTAX Optio WPi/2006-10-22/Hosted on Zooomr

(写真は本文とは関係ありません.”夜のトホホな結果を知らずに,中スポをボトルゲージに入れて,呑気にランチを食べに行く”の図)

この夜の第2戦は,前日のナゴヤドームの余韻を引きずりながらのTV観戦.ゲンをかついで,昨日と同じ服を引っ張り出してきて着用したのですが,日本シリーズ DxF 第1戦 @ナゴヤドーム のエントリーで書いたこととは,すっかり反対の面が出てしまいましたね.

初回には,守備の名手井端がセギノールの放った強烈なゴロを捕りそこねて,先制点を与える.その裏に,井端の意地の一発で同点においついたものの,好投を続ける八木を捉え切れず,4回の福留のソロだけ.その間,山本昌もベテランらしい粘りの投球で拮抗したまま,7回に下位打線の金子に痛い二点タイムリーを喫する.ルーキーの八木に対し,ソロホーマー二発の二点だけ.これでは勝てません.なんといっても,5回(山本昌)と7回(井上)の送りバント失敗が痛い.5回は,バント自態はそれ程悪くなく,二塁ランナーの井上のスタートの悪さと八木の素早いフィールディングにやられました.7回の井上のバントミスは得点できなかったことに繋がり,8回の駄目押しに繋がりましたね.それから気になったのは,大ブレーキの荒木.北海道での井上,荒木の奮起を期待したいです. ドラゴンズ,セ・リーグ優勝 | 負け惜しみ的批判への反論 でも書いたのですが,ミスをして勝てる程,甘くないということです.リーグ優勝を決めた試合とは相手のレベルが違います.

岡本が駄目押しの2ランをセギノールに打たれたのは余分でしたね.試合を台無しにしてしまいました.厳しいことを言えば,今シーズンの岡本を象徴する一発でした.それにしても,この一発は,二年前の日本シリーズ第3戦で,岡本がカブレラに打たれた満塁ホームランを思い出させてくれました.あの時は,谷繁の満塁ホームランで勝てそうなところを打たれたので,今回の駄目押しホームランとは,受けたショックの度合いが全く違いましたが,岡本が主砲に打たれた大事な場面での一発に,嫌な感じを受けたドラゴンズファンも多いはずです.

日本シリーズ DxF 第1戦 @ナゴヤドーム で,”さて,試合の方は,レギュラーシーズン通りの試合ができたドラゴンズに軍配が上がったということでしょう”と書いたのですが,第2戦もレギュラーシーズン後半のドラゴンズを見るようでしたね.それは,自分たちのミスで試合をわからなくして,それをひっちゃきになって挽回するというあまる嬉しくないパターンのドラゴンズなのですが,そうそううまくいくはずもないということでしょう.

「1勝1敗で御の字じゃないかな。今日勝てば残り5試合のうち2つ勝てばというのが残り5つのうち3つになっただけ。何の変わりもありません」「今日は勝ち運がなかったな。負ける時はこんなもんだ。ちょっとしたミスが重なって、負ける。ウチの負けの典型的なパターンだったんじゃない」落合監督は淡々としていたようですが,そういうことですね.一つ一つの試合に一喜一憂せずに(反省を次に活かすのは必要ですが),クールな闘志を燃やして戦ってもらいたいところです.でも,この敗戦はショックなはずですが,この落合節はさすが落合監督です.


Related entries:
Dragons and me | 山本昌ノーヒットノーラン達成に寄せて
ドラゴンズ,セ・リーグ優勝 | 負け惜しみ的批判への反論
決戦へ
日本シリーズ DxF 第1戦 @ナゴヤドーム


18:47 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 日本シリーズ プロ野球 ドラゴンズ ナゴヤドーム
:: comments on entry


:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。