:: 雨中錬



以前記事で書いたように,何回か知多半島を一緒に走っていただいたトライアスリート(というより,アイアンマン)*1のKさんに誘われて,トライアスリートの練習に参加することになった.といっても,トライアスロンをするつもりはない.以前好きで泳いでいたこともあって,スイムはいいかなと思うが,足で走るのは気が進まない.ダイエットとか,修行とかそういったものならともかく,そこに”Fun”を感じることができないのだ.心肺機能が試されるスポーツということでは,自転車も同じなのであるが,自転車での苦しさは耐えることができても,マラソンの辛さは自分にとって修行以外のなにものでもない.その差は,その移動距離の差と体感の差にあるのだと思う.移動することそのものに感じる”Fun”,そして,自転車の上で風を感じながら走る,あのなんともいえない速度感こそが自転車に乗る醍醐味であり,残念ながらそれは自分の足で走ることでは得られない気がする.
*1
アイアンマンレースとは,スイム 3.8km+バイク 180km+ラン 42.195km を行く.これは,ほとんどマゾの世界としか思えないくらい過酷なレース.
チームの練習は,土日に自転車の練習をメインでするということだったので,それだったらと混ぜてもらうことに.チームと言っても,個人競技なので集団で練習するのは,モティベイションを上げる意味合いが大きいのだろう.事前に聞いていた話では,土,日のどちらかに練習をするのであるが,都合によりかわるので連絡するとのこと.土曜日は連絡がなかったので,いつものコースを走った.個人T.Tは相変わらずのタイムでAVE 29.0km/hr.帰宅すると,日曜日は練習があるとの連絡をもらう.この時の天気予報では,日曜日は曇りのち雨で,午前中は走れるのではということだった.

次の日.起床すると,既に外はシトシトと,雨.天気予報は相変わらず,曇りのち雨なんてのんきなことを言っているが,この調子だとずっと雨だろう.雨が降ってなければ,自走で行くつもりであったが,この天候で練習が行われるのかわからなかったので,とりあえず,自転車を車に積んで集合場所まで行く.

雨は相変わらずだったが,集合場所には,Kさん以外に3人のトライアスリートが集まっていた.自分を入れて,5人.雨が降っているのでいつもの河和までのコースは中止.10月にアイアンマン世界選手権を控えたKさんは,走る気満々.そこで新舞子マリンパークに続く直線道路を使った周回コースを走ることになった.ここはロードのチームもよく練習に使っていると聞く場所である.5名のうち3名が自転車の練習,残りの2名はランの練習をすることになった.

IMGP0384
PENTAX Optio WPi/2006-10-1/Hosted on Zooomr

はじめて走るので,最初の一周は,Kさんの後を着いて走る.一周の距離は,約17.5km.数百メートルの橋が一本かかっているが,それを除けば,5kmの平坦なストレート部を往復したり,単調なコースである.路面にはかなりの水溜りでできていたので路面を選びながら,前の自転車からのしぶきを避けるため,少し距離をあけて走る.同じようにしっかりと雨の降る中を走った,日間賀島サイクルパラダイスを思い出しつつ走った.一周すると,もう全身ずぶ濡れ.レインカバーはしていたが,シューズの中にも水が侵入している.これも日間賀島の時と同じ.ウェアは最初から濡れるつもりなのでいいが,シューズの中はなんとかならないものだろうか.レインカバーをしていても,上から垂れて浸水してくるのでは,着けている意味がない.シューズは濡れるのを覚悟で,靴下の上にビニールでも履くしかないか.コースがわかったので,二周目は,スピードアップし,ソロで行く.この日は,二周で終了.その時もKさんは走りつづけていた.100kmくらいは走るつもりなのだろうと思いつつ,雨に濡れた自転車を拭き,車に積み込んだ.


●走行距離 : 土曜日 51.0km 日曜日 35.0km(二周回)
●走行時間 : ?

Related entries:
トライアスリートと知多半島をジグザグに河和まで
積乱雲とハイウェイ | Clear-cut clouds
夕景:照明灯が点灯する頃 | light towers in the evening glow


19:15 | Comment(8) | TrackBack(0)
Tags:  自転車 練習 Rain bike 周回 トライアスロン triathlon アイアンマン
:: comments on entry
雨天時の走行は何かと勝手が違って不快に感じることが多いですよね。

件のシューズの中の浸水もそうですし、前を走るタイヤの水飛沫やジブンの前輪が跳ね上げる水飛沫を浴びて、クチの中をジャリジャリと言わせながら走ってた昔を思い出してしまいます。大昔の木底のシューズなんかだと底面に6つくらい穴が開いてい水が抜けやすくなっていたり、皮や木がそれなりに水を吸ってくれてある程度までは耐えられたのですけど。

今、手元にあるシマノのシューズを見てみれば、やはり底面の穴はつま先側に1つでしたし、最近の樹脂素材だと…、やはりこういうのでの雨天走行はかなり精神的に辛いものがあるかも知れませんね。

アタシなんかやはり雨天走行となると着衣や靴よりも、後の整備を考えてしまいます…。フリーの中とかBBの中とか、気になって気になって…。やっぱり小心者なんでしょう(笑
Posted by Nagarazoku at 2006/10/03 19:48

元々サイクリングをしていないので、どちらかというとランの方ですが、言われてみるとスピード感とか疾走感の違いというのは確かにあるかもしれませんね。
ただ、新宿近辺ですとサイクリングコースでも結構人が歩いていますので飛ばせないという難点があるかもしれません。

私の自転車は安物なので、雨に打たれるとすぐキイキイと油を要求しますよ(笑)
Posted by 川の果て at 2006/10/03 20:35

Nagarazokuさん,いらっしゃいませ.
靴の件は,プロのロードレーサーはどうしているのでしょうね.ただ,靴の中が濡れていても,不快感だけでパフォーマンスには影響していないのかもしれませんが.
雨の中を走るのがなぜ嫌かというと,自転車が濡れることにつきますね.それは同じです.後始末もあるし,自分のバイクはクロモリなので,なお更,気になりますね.
それはそうと,Nagarazokuさんも自転車に乗られるのですね.嬉しいです.
Posted by yanz at 2006/10/03 22:36

川の果てさん,ようこそ.
川の果てさんはジョガーでしたね.いつだったか記事で読んだのを思い出しました.東京の地理に不案内なので間違っているかもしれませんが,新宿など街中で他に気兼ねなく,自転車に乗れる場所は,そうないのではないでしょうか.名古屋市内でもそうです.自転車のりは,多摩川や荒川ですよね.
油さしてあげてくださいね.随分寿命が違ってくると思いますよ.
Posted by yanz at 2006/10/03 22:47

お疲れさま〜。
私はスイマーですからね〜笑。
うふふっ〜〜Kさん、Kさんすごいお方です。他の方もたぶん……。

トライアスロンはずいぶん昔!?に何年かやってました。今は…乗れない、走れないで無理、無理!

いつかプールでお会いしましょ〜笑。
Posted by ノンノン at 2006/10/04 00:09

雨の日は、やっぱ、サンダルっしょ♪
Posted by tsukasanohide at 2006/10/04 09:01

ノンノンさん,いらっしゃいませ.
そうですか〜.トライアスロンをされていたのですね.プールはどうなるかなあ.プール行ったら,今度は走ってということになりそうで(^^)
Posted by yanz at 2006/10/04 23:45

tsukasanohideさん,いらっしゃいませ.
そうなんですよね.そのためにあるようなサンダルなのですよねえ.そのために買ったんだけど,すでに衣替えで下駄箱の中に仕舞われてしまっております.また出そうかなあ(^^)
Posted by yanz at 2006/10/04 23:48



:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry