:: 隙間からみえたのは,空あるいは...| 愛知県美術館「愉しき家−Enjoyable House」



IMGP0047
PENTAX Optio WPi/2006-9-2
click to enlarge

「隙間から覗いた空」のように見えるでしょう.でも,その実態は...





IMGP0051
PENTAX Optio WPi/2006-9-9/Hosted on Zooomr

愛知県美術館で10月1日(日)まで開催されている企画展「愉しき家−Enjoyable House」に展示されていた作品の中で撮った写真でした.

企画展示室を出たところにこの作品らしきものがあって,骨格だけの家の中に寝っころがれるようになっていました.そこで寝そべって,屋根らしきものに向かってカメラを向けたのでした.見事にハレーションを起してますけど,上に見えるのは空ではなく,美術館の天井です.

この企画展「愉しき家−Enjoyable House」ですが,「家」をテーマにしているので,芸術というよりも生活を強く感じました.どれも素晴らしかったのですが,印象に残っているのは,元々常設展示してあったピカソの絵の周りをプレハブで取り囲み,その中に一般家庭のキッチンを再現させてしまったもの.ピカソの絵が,キッチンの壁に飾ってあるただの絵の役割になってしまっているというものですね.キッチンの中へは,靴を脱ぎ,スリッパを履いて入ることができます.そこでその日常空間に溶け込んだピカソの絵を発見するのです.ある意味,ピカソとのコラボと言えなくもないですが,ピカソが見たらどう思ったでしょう?ただし,この作品は,常設展の方にあるのでくれぐれも見逃さないように.


Recent photos:
この緑の向こう側へ | beyond this green
夕景:空一面の夕焼け | orange all over the sky
残照 | afterglow
一瞬の夏 | passing thru
空に並ぶ物体 | exhaust fans lined up
積乱雲とハイウェイ | Clear-cut clouds and highway
夕景:照明灯が点灯する頃 | light towers in the evening glow
雨のウェンズデイ | Rainy Days and Wednesdays
目地とJOINT
有刺鉄線と青空 | barbed wires and blue sky
積層多孔体 | looks like dominos
爆音機 | explosion generator
雲と案山子 | clouds behind the scarecrow
配管に包まれた建造物(二対) | a pair of buildings

Related entries:
Lightbox JS〜ポップアップさせずにサムネイル画像を表示


19:23 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 美術館 art museum ピカソ
:: comments on entry


:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。