:: 小山卓治 名古屋2days | ファイティング・ポーズ

2006/07/31
┣ music 音楽


IMGP26227月上旬に大阪で行われた公演に続き,7/29(土),30(日)と名古屋 CLUB QUATTROで行われた名古屋2days.

卓治のライブで二日続けての公演は記憶にない.今回の公演のことは,最初に公式サイトを見て知ったのだが,初日は“eyes”,二日目は Naked“eyes”とタイトルされ,二日目には“アンプラグド/生声ライヴ”ということで以下のような説明があった.

〈Naked“eyes”〉とは、通常のライヴとはまったく異なり、マイクもPAも使用し ない完全アンプラグドでのライヴです。ステージも使わず、客席の中央に座る卓治の 肉声と生のギターの音が、卓治を囲むように座るオーディエンスに直接響きます。セ ットリストも、前日とはまったく違う曲で構成されます。
策略にしてやられた気がしないでもないが,こんな興味深いライブなら二日とも行くしかあるまい.ヤレヤレ.卓治と過ごす週末の夜か.まあそれも悪くない.

初日の“eyes”.アコースティック・ギターとキーボードの弾き語りでライブは進む.いつものように新旧の曲を取り混ぜて進行していく.新曲も数曲披露される.何曲めかに演奏された「最終電車」いつ聴いても映像的で素晴らしい歌詞.小山卓治の歌詞ではよくあることだが(参照記事:小山卓治|Passing bell),この曲にも複数の人物が登場する.日常生活の中でややこしい状況を抱える市井の人々が,愚痴をこぼしながらもなんと現実に折り合いをつけ,立ち向かっていこうとする姿を,良質な映画のワンシーンのように描いた作品.サビの「明日こそは 素晴らしい朝を迎えたい」を一緒に歌う.

その後,ゲストの高橋研をステージに呼び.卓治がギターで伴奏をする形で何曲かを演奏する.小山卓治がカッコイイ曲と紹介してはじまった曲「Circus Town People」なぜか聴き覚えがある(帰宅してからCDラックを見ると,この曲が収録されている高橋研のCD「PATROLMAN」を見つけた).

そして,アンコール.プレイリストをはっきり覚えていないが(初日に会場で買ったライブDVDをその夜に観たので混乱している),最初のアンコールのラストでは,オープニングアクトの鈴木祐樹と高橋研を呼んで「傷だらけの天使」で盛り上がる.この曲は小山卓治のサード・シングルであるが,いつ聴いてもリズムのうねりにゾクゾクさせられる.

二回目のアンコールでは,Naked“eyes”のリハーサルとでも言うように,小山卓治はギターを抱えて会場に降りてくる.会場は少し騒然となる.そのまま,リアル・アンプラグドで「いつか河を越えて」を演奏し,幕引き.この曲も名曲.

向こう岸に向ってパッシングを続ける
まるでそれが何かの合図でもあるように

というフレーズが印象的で感情を揺さぶられる.なお,この曲は当初,「Passing」というタイトルで5枚目の「Vanishing point」というアルバムに収録され,リリースされた.というのも,「いつか河を越えて」というタイトル名ならびに“河を越える”という歌詞の一部が,当時のレコード会社の自主規制に引っかかり,変更を余儀なくされたといういわくつきの曲.

二日目,Naked“eyes”.実は,また開演時間を間違えており,20分程遅刻.それにしても,前日と開演時間が30分違うとは,全くもって紛らわしい.会場に入ると,卓治がステージの前,昨日のラストと同じような位置で歌っている.その周りを観客が取り囲んでいる.まるで車座状態.セッティングも何もない.そこには椅子とスコアが用意されているだけである.遅刻したのでその独特の雰囲気に圧倒されるが,立ち位置を見つけ,そのうち馴染んでくる.

生ギターに生声.リアルなアンプラグド*1.生声は,MCは聴きとり難いこともあったが,歌声になるとしっかり届く.マイクを使っても使わなくても同じように響く.これはアーティストには試練かもしれない.自分の声に自信を持っていないとできないはずだから.

その後,フロアの中で二回移動し,それぞれの場所で歌う.観客も移動に合わせて,観る方向を変える.場所によって,見える角度が違うし,音の届き方も異なる.リアルなアンプラグドだからこその臨場感である.卓治は,アンプラグドをしたくてした訳ではない.アンプラグドをしたいだけなら,ステージの上でだってできるはず.フロアに降り立ち,観客と同じ目線になって演奏したかったはずだ.それをするためにアンプラグドが必要だったのである.そして,その結果産み出されるであろう,観客からのダイレクトな反応を感じること,そして今までとは違う音の伝わり方や臨場感を求めていたのではないだろうか.

*1
キーボードだけは,小型のアンプを使用していた.
「Show Time」は進む.鈴木祐樹のソロと卓治との共演,カバーの二曲「やつらの足音のバラード」 (はじめ人間ギャートルズのエンディングテーマbyかまやつひろし)「11月3日(雨ニモ負ケズ)」(宮沢賢治作詞,加藤和彦作曲byザ・フォーク・クルセイダーズ).高橋研のソロ,卓治との共演を挟み,本編ラストは三人での「種の歌」極めてシンプルなこの曲だが,この歌詞の奥深さはどうだろう.いずれ歌詞を紹介したいと思っている.そして,アンコールへと進む.最初のアンコール.「気をつけた方がいいぜ」で盛り上げた後,また二人を呼びはじまったのは「君が本当に欲しいもの」今度は三人が三角形を描く形で観客を煽る,煽る.その場にの人たちで大合唱となった.

二回目のアンコール.卓治が出てきて,演奏しはじめたのは「Passing Bell」静かに,よく通る声で切々と歌う.観客も一緒に歌う.

大阪公演や今回のライブで少なくない数の新曲が演奏されたのだが,それらが素晴らしい出来.その中でも,サビが印象的だった「天国のドアノブ」そしてサイモンとガーファンクルを連想させる繊細さが印象的だった「クリスタル・レインドロップ」の2曲は,記憶に残っている.

思うに,ここ最近,卓治の曲の泉には水がコンコンと湧きだしているんじゃないだろうか.今回の名古屋2daysでは,いつもにも増して,小山卓治が攻めのファイティング・ポーズをとろうとしているのを感じたのだが,案外このあたりに理由があるのもしれない.

小山卓治にとって,1年5か月ぶりの名古屋でのライブ.そんなに名古屋に来ていなかったのかと驚いたが,次回はもっと早く来ると宣言していたので,新作を引き下げてやってくるのを,期待して待ちたい.


Related links:
Takuji Oyama Official web site:RED & BLACK


Related entries:
小山卓治|Passing bell
口笛を吹きながら | 青空とダイヤモンド


Other music entries:
『NIKKI/くるり』
くるりワンマンライブツアー2006(@名古屋)
ELVIS COSTELLO/エルヴィス・コステロ
That's entertainment|The Jam
Catch-Flame! | Paul Weller
少年ナイフ 路上ライブ | タカノ綾展
COLDPLAY-TWISTED LOGIC TOUR 2006-名古屋


23:49 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 小山卓治 名古屋 ライブ naked アンプラグド 生声
:: comments on entry


:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。