:: KENJI TAKI GALLERY

2006/03/31
┣ art&design


IMGP0834.JPG

ここは先週末に訪れた場所.KENJI TAKI GALLERY.名古屋市美術館の近く,ナディアパーク側にあります.ここは,主に,国内の若手や海外のオブジェやインスタレーション系を中心にした現代美術を手掛けるギャラリー(画廊)です.東京にも新宿のオペラシティの近くにあります.

「マーチ part 1」と題して若手の合同展示会を開催している,というハガキをもらっていたので偵察がてら,寄りました.展示されていた作家は,川見俊,田島秀彦,堂端徹,小川健一,鬼頭健吾,奥井ゆみ子,杉戸洋.

どれも新鮮な印象でとても面白く拝見しました.

その中で,目に停まったのが川見俊のドローイング.というか,最初はあまり気に留めてなかったのですが(笑),オーナーに「好きなジュリアン・オピーに似てるんじゃないの?どう?」と言われて,眺めていたらいい感じに思えてくるから不思議です.

Julian Opie/ジュリアン・オピー,好きなのです.はっきりした色彩と面で構成された絵を観ていると,クールなロックを聴いているような感覚というか,洗練された感覚を感じます.

さて,近寄って良くみると,組んだベニヤ板の上に直接ペンキでドローイングされていました.木材の表面に直接塗りつけてあるのです.このペンキの色彩と艶が独特の輝きを放っています.そして,描かれているのはどこにでもあるような”民家”.同じ技法のドローイングが4枚展示されていましたが,全て”民家”を描いたものでした.オーナーの説明によると,この作家は,コンセプチュアルな若手造詣作家でドローイングははじめてとのこと.なんだかオーナーのマジックにかかってしまったようです.

川見俊 Shun Kawami「地方の家 4」
2005 パネルに水性ペンキ 38.3 x 46 cm


関連リンク:
KENJI TAKI GALLERY
Julian Opieオフィシャル・サイト


23:03 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 
:: comments on entry


:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry