:: 北海道への寝台特急の旅 #1(live)



11月2日(水)〜4日(金)にかけて,寝台特急を利用して北海道へ行きました.そのときのレポートです.
移動途上,経過報告のメールを携帯電話から送りました.それをそのまま転載します.”live”と付けたのは,そのためです.なお,時刻はメール送信時間です.

2005/11/2(水)
16:46 今、京都駅。待ち時間は、45分。コーヒータイムとする。
17:42 のぞみ146号東京行きに乗車。東京へ向かい、移動中。

IMGP0008.JPGIMGP0011.JPG
18:22 新幹線でスーツを着替えようと、洋式トイレに行き、「開」のボタンを押すと、ゆっくり開く扉の中から「ごめんなさい」という女性の声。あわてて「閉」のボタンを押しても、一旦開ききらないと閉まらない機構の様子。そのまま扉が開くのをまんじりとして、待っていると、臨界体勢のうら若い女性とご対面。そのあと、開ききったであろう扉は無言の空気を断ち切って、静かに閉まっていった。ホッと胸をなでおろすと、トイレの中からカチャン!とロックする音が。ちょっと遅かったね。
19:10 ただいま、三島駅を通過。
20:05 今、東京駅。待ち時間は、11分。急いで東北新幹線ホームへ移動。あわてて弁当を買う。
20:17 はやて29号(+こまち29号→秋田で切り離し)八戸行きに乗車。満席でデッキ立ち見あり。盛岡へ向け、移動中。盛岡は22:27着で、ここで先行する寝台特急「北斗星1号」に追いつく。

IMGP0014.JPG
20:33 大宮発。次の停車駅は、仙台。結構長い間止まらない。
20:40 今日の夕飯は、中華弁当。既に、完食。笑。なかなかに美味。多分足りないだろうと、密かに買ったB.L.T.サンドウィッチも既にない。
21:46 仙台着。弟が住んでいる街。大宮からは1時間と少しの乗車時間だったので、それほど遠くなかった。東北地方は不案内なので距離感がない。乗客はかなり下車したが、同じくらい乗車。
22:27 盛岡着。下車。「北斗星1号」到着まで1時間の待ち合わせ。それにしても、東北新幹線は内壁が内側にへこむ具合が大きいように感じた。特に、トンネルに入った時は、腕が押される。それから、座席の背のポケットにフリーのペラ雑誌が入っているのはユニーク。
23:05 盛岡で下車した途端、冷気を感じる。寒い。トイレには自動扉があり、中にはヒーターも完備されている。改札を出て、駅前を歩く。
IMGP0019.JPGIMGP0020.JPGIMGP0021.JPGIMGP0022.JPG
00:09 北斗星1号に乗車。ベッドは1号車3番下段(B寝台)。早速、食堂車(7号車)に行ってシャワーの予約をする。明日の朝、7時に予約完了し、カードをもらいつつ、使用方法の説明を受ける。ついでに、シャワーセットも購入し、準備万端。ということで、そろそろ寝るね。おやすみ。
IMGP0031.JPGIMGP0035.JPGIMGP0039.JPGIMGP0040.JPG
関連項目:北海道への寝台特急の旅 #2(live)
関連項目:北海道への寝台特急の旅 #3(live)


23:41 | Comment(0) | TrackBack(0)
Tags: 
:: comments on entry


:: feel free to leave a comment!
Name: [necessary]

E-mail:

URL:

Comment: [necessary]

Verification Code: [necessary]


**Type letters displayed in shaded area./上の4桁の数字を半角で入力下さい


!! 下のボタンを押す前に,お手数ですが上の四角に8889を半角で入力願います !!
Thanks a lot!

Trackbacks on entry
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。