:: 僕が旅に出る理由



IMGP0359
PENTAX Optio WPi/2006-9-27
click to enlarge

僕が旅に出る理由は だいたい百個くらいあって
ひとつめは ここじゃどうも息も詰まりそうになった
ふたつめは 今宵の月が僕を誘っていること
みっつめは 車の免許とってもいいかな
なんて思っていること
〜ハイウェイ/くるり/written by 岸田繁

という歌詞を 積乱雲とハイウェイ | Clear-cut clouds and highway に載せたら,可愛らしい哲学者 うめもも☆さん から「旅に出る理由はなんですか?」と尋ねられた.

僕が旅に出る理由.これは,このブログの主題にもかかわる命題.夕景:照明灯が点灯する頃 | light towers in the evening glow の中にも少し書いたけど,書き足らないなあと感じてた.

この命題に関することは,今までも記事の中で書いてきた.いくつか挙げてみると,


北海道への寝台特急の旅 #3(live)
06:25 K駅に到着。閑散としていた岐阜とは違い、既に一日がはじまる躍動感に溢れている。ここで車中2泊3日の長旅が終わった。この旅では移動の醍醐味を堪能できた。まさに、ON THE ROADの旅。これは、飛行機の旅では味わうことのできないものである。人は獲得した速度の分だけ、移動する際の発見や喜びを失っている気がする。最後になったが、長い間、実況におつきあい、ありがとう。

北海道への寝台特急の旅 #18
下のベッドの年配の男性と話す。
東京まで早慶戦を観戦に行くという。春秋には決まって、早慶戦を観に、北斗星で上京するらしい。
なんと、贅沢で素敵な趣味であろう。
それにしても、この北斗星に乗車してるのは、年配の方がほとんどだ。
旅の醍醐味は、どこにいったかより、どうやっていったかの道中にあるということがわかるまでには、時間がかかるということか。

北海道への寝台特急の旅 #25
心地よい疲労感が体を包む。この疲れそのものが、今回の移動で体験したものがあるということを示しているのか。
寺山修司は“書を捨てよ、町へ出よう”と言ったが、“書き割りを捨てよ、路上へ出よう”の気分。

夕景:照明灯が点灯する頃 | light towers in the evening glow
僕が旅に出る理由は だいたい百個くらいあって
ひとつめは 夕映えの空が僕を誘っていること
ふたつめは こことは違う風を感じてみたくなった
みっつめは 時刻表と見ると いても立ってもいられなくなること
よっつめは この自転車がどこまでも行けると思わせること
いつつめは 見知らぬ土地で新しい発見をしたくなった
むっつめは 異国の人々の日々の営みを感じたくなった
ななつめは それが自分たちと全くかわらないことを確かめたくなった
やっつめは
・・・以下,百まで続く.

IMGP0354
PENTAX Optio WPi/2006-10-1
click to enlarge

さて,本命題の問いかけには,次のように答える.

”僕が旅に出る理由”は,一言でいうなら,”移動”すること,そのものにある.

旅というは,本来,目的地があって(世界一周旅行のように,通過地点そのものが目的地の場合もある)その目的地(目指す土地と言ってもいい)で時間を過ごすということであるから,”移動”そのものが旅の理由というのは,矛盾しているのかもしれない.”旅に出る理由が移動”という表現が矛盾しているのであれば,”旅”は”移動”の一部と言い換えてもいい.

となれば,先の命題は,”僕が移動する理由は”というように置き換わる.そして,その答えは既に用意されている.

about the title
●移動すること,そして,自転車による移動
移動とは,”位置を変えること.移り動くこと.移り動かすこと.”(三省堂 大辞林より)移動に”どこか辿り着く”といった意味はない.
移動することにより,視点も移動する.移動と共に,たった今目の前に広がる風景が,その刹那,後方に置き去りにされる.そして,これは航空機の旅では味わうことのできないものである.空の旅の場合,中間がすっぽり抜け落ちる.そういう意味では,人は獲得した速度の分だけ,移動する際の発見や喜びを失っている気がする.

移動のための移動.移動のダイナミズムとは,連続性に基づく,風景の移り変わりにある.
どこでもドア”は便利ではあるが,そこに移動そのものの楽しさはないと思う.
そして,自転車による移動である.
列車や自動車での移動とは違う移動がここには存在する.移動速度は及ぶべくもない.ただし,これは前述した連続性が最も優れていることを意味する.

「ぼくらはみな喜んだ.ぼくらは混乱とナンセンスを後にして,われわれに与えられた唯一のそして高尚な時代の任務,つまり,動くこと,を遂行しているのだと実感したからだ.そしてわれわれは動いた!」
(Jack Kerouacジャック・ケルアック著「路上」ON THE ROADより引用,”動く”に傍点,chapter2/section6)

read more-->



16:55 | Comment(2) | TrackBack(0)
Tags:  理由 移動 くるり ハイウェイ 路上

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。