:: 雨中錬



以前記事で書いたように,何回か知多半島を一緒に走っていただいたトライアスリート(というより,アイアンマン)*1のKさんに誘われて,トライアスリートの練習に参加することになった.といっても,トライアスロンをするつもりはない.以前好きで泳いでいたこともあって,スイムはいいかなと思うが,足で走るのは気が進まない.ダイエットとか,修行とかそういったものならともかく,そこに”Fun”を感じることができないのだ.心肺機能が試されるスポーツということでは,自転車も同じなのであるが,自転車での苦しさは耐えることができても,マラソンの辛さは自分にとって修行以外のなにものでもない.その差は,その移動距離の差と体感の差にあるのだと思う.移動することそのものに感じる”Fun”,そして,自転車の上で風を感じながら走る,あのなんともいえない速度感こそが自転車に乗る醍醐味であり,残念ながらそれは自分の足で走ることでは得られない気がする.
*1
アイアンマンレースとは,スイム 3.8km+バイク 180km+ラン 42.195km を行く.これは,ほとんどマゾの世界としか思えないくらい過酷なレース.
チームの練習は,土日に自転車の練習をメインでするということだったので,それだったらと混ぜてもらうことに.チームと言っても,個人競技なので集団で練習するのは,モティベイションを上げる意味合いが大きいのだろう.事前に聞いていた話では,土,日のどちらかに練習をするのであるが,都合によりかわるので連絡するとのこと.土曜日は連絡がなかったので,いつものコースを走った.個人T.Tは相変わらずのタイムでAVE 29.0km/hr.帰宅すると,日曜日は練習があるとの連絡をもらう.この時の天気予報では,日曜日は曇りのち雨で,午前中は走れるのではということだった.

次の日.起床すると,既に外はシトシトと,雨.天気予報は相変わらず,曇りのち雨なんてのんきなことを言っているが,この調子だとずっと雨だろう.雨が降ってなければ,自走で行くつもりであったが,この天候で練習が行われるのかわからなかったので,とりあえず,自転車を車に積んで集合場所まで行く.

雨は相変わらずだったが,集合場所には,Kさん以外に3人のトライアスリートが集まっていた.自分を入れて,5人.雨が降っているのでいつもの河和までのコースは中止.10月にアイアンマン世界選手権を控えたKさんは,走る気満々.そこで新舞子マリンパークに続く直線道路を使った周回コースを走ることになった.ここはロードのチームもよく練習に使っていると聞く場所である.5名のうち3名が自転車の練習,残りの2名はランの練習をすることになった.

IMGP0384
PENTAX Optio WPi/2006-10-1/Hosted on Zooomr
read more-->


19:15 | Comment(8) | TrackBack(0)
Tags:  自転車 練習 Rain bike 周回 トライアスロン triathlon アイアンマン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。